The present perfect has three common uses

こんにちは、塾長の孕石です。

昨日、誕生日を迎えました!!ついに30代です。

30代の目標は、また改めて別の記事に書きますね!!

ということで、現在完了の3つの使い方について学んでいきましょう!

1) We use it to talk about our experiences. If I say “I have eaten Chinese food”, it means I have experience of “eating Chinese food”. If I say “I have been Paris”, it means that I have experience of “being in Paris”.

まずは、経験ですよね。

2) We also use the present perfect to talk about the duration of an action up to now. If I say “I have lived here for three years”, it means that I’m living here now and I started living here three years ago.

次に継続。

3) We can also use the present perfect to talk about the result now of a past action. For example, “I have eaten too much” means that I feel bad now. “She has arrived” means that she is here now.

最後に完了。

経験に関しては、そのままですが。

継続に関しては、行動の今までの期間についてと言われています。

完了は、過去の行動における今の結果ですね。

3つに分類はされてはいるものの、「過去におこなったことが、今に影響している」という考え方の大枠を掴んでいれば問題ないでしょう!

では、本日はこのへんで!!

投稿者プロフィール

affetti
学習塾アフェッティ塾長が主に書いているブログ。
愛媛新聞(スマイルピント)ピントゼミナールゼミ長・愛媛大学愛媛学ゲスト講師・松山市自殺対策推進委員会委員・第1回松山市人間力大賞受賞・第32回【青年版国民栄誉賞】人間力大賞(特別会頭賞受賞)
<<メディア実績>>
U29出演・おはよう四国・greenz・愛媛新聞・朝日新聞・南海放送・他多数
<<講演実績>>
愛媛大学・愛媛県教育研究協議会・市内小学校・四国若者1000人会議・まつやま経営プラザ・他多数