%e5%b2%b8%e6%9c%ac%e6%9b%b8%e8%a9%95

「実際に会ったことがある人」が本を書くと、普段本を読まない僕も読んでしまう!

こんにちは。 お久しぶりです。 最近急に寒くなってきましたね。 いかがお過ごしでしょうか?

今日は、僕が最近読んだ本について書きたいと思います。

ブログすげーー!!

本の題名は「もし京都が東京だったらマップ」 この本を書いたのは岸本千佳さん。

NHKのU-29で塾長の前の回に特集されていた方です。 現在京都で不動産業や古い建物(町家)のリノベーションをされています。

そんな岸本さんが、ある日個人のブログで、あるものをアップしました。

それが本の題名にもなっている「もし京都が東京だったらマップ」です。

そのブログは、瞬く間にシェアされていき、20万ページビューを記録したりYahoo! ニュース、NEWS ZEROで取り上げられたりと話題になりました。 それがキッカケでこの本を書くことになったそうです。

街は生き物です。

本には、京都と東京の街の類似点・相違点といった比較、岸本さんの仕事の内容やキッカケ、京都という街についてなどがわかりやすい書いてあります。 文章の中で、特に印象に残ったのが、『街は生き物です。』という一文です。

この1文に、なるほどな!とうなづかされました。

「この前まで、ここに家があったのに、いつの間にかコンビニになってる」なんてことはよくあります。

ちょっと見ないうちに、街はいろいろ変わっています。

まるで生き物が成長していくかのように、どんどん変化していきます。

この本が書かれた頃の街と、変化した後の街を比べてみるのもおもしろいかもしれませんし、懐かしさに浸るのもいいと思います。

本を読む意味とは…これなのかも

今まで、気づくことのなかった発見があるかもしれません。

京都にいったことがある人もない人も、是非読んでほしい一冊です。

 

じゅくちょーの一言

本を読むきっかけってなんだったっけ?11ぴきのねこシリーズは読破したよなー。映像化したときも見に行ったよなー。会いたかったなー。そのときには馬場さん亡くなられていたけど。

実際にお会いしてから、ブログや著書読んでハマっていくこともあったなー。

どっちが先になるのかはわからないけど、たぶんそれは幸せなこと。

そろそろ冬期講習始まります。

 

投稿者プロフィール

affetti
学習塾アフェッティ塾長が主に書いているブログ。
<<メディア実績>>
U29出演・おはよう四国・greenz・愛媛新聞・朝日新聞・南海放送・他多数
<<講演実績>>
愛媛大学・愛媛県教育研究協議会・市内小学校・四国若者1000人会議・まつやま経営プラザ・他多数