ピントゼミナールもついに第10回となりました!

なんだか嬉しいですね〜。

今回は、国語です。その中でも「四字熟語」をチョイスしてみました。

「四字熟語」といえば、漢字検定を中学生の時に必死にやったな〜。

こうして大人になって、「四字熟語」と向き合うと、同じ意味でも違った見方ができるものですね。

ピントゼミナールは、私自身にとっても学び直しでもあるのです。

基本を学ぼう

【問題】

□に当てはまる漢数字を答えて、四字熟語を完成させよう!

1,□期□会

2,□寒□温

3,□差□別

4,□転□起

【答え】

1,一期一会

2,三寒四温

3,千差万別

4,七転八起

【解き方】

四つの漢字から成り立つ熟語のことを四字熟語と言います!

たったの四字で、生きる知恵や教えを表しているね。

ただ丸暗記するのではなく、由来やいわれを書けるようになるといいですね。

一期一会

一生に一度だけの機会。生涯に一度限りであること。

チェック!

もと茶道の心得を表した語で、どの茶会でも一生に一度のものと心得て、主客ともに誠意を尽くすべきことをいう。

三寒四温

冬季に寒い日が三日ほど続くと、その後四日間ぐらいは暖かいということ。

千差万別

さまざまに異なって同じでないこと。

チェック

「千」「万」は数の多さを表してるよ。

七転八起

何度失敗してもくじけず、立ち上がって努力すること。

問題にチャレンジ

「わずかな期間」という意味の四字熟語としてもっとも適当なものを、次のア〜エの中から一つ選び、その記号を書け。

(2014年度 愛媛県立入試問題改)

ア 単刀直入

イ 異口同音

ウ 一朝一夕

エ 臨機応変

解き方

ア 前置き無しに、直接問題の要点に入ること

イ 多くの人が同じことを言うこと

ウ きわめてわずかな期間、非常に短い時間のたとえ。

エ 場合に応じてふさわしい手段で対応すること

重要

故事とは、中国や日本の古い書籍に書き残されている事柄のこと。成語とは、昔の人が何かをいい伝えるために作った簡潔な言葉のこと。役立つ知識や知恵が豊富なのだが元々の故事を知っていないと、意味が分からないものも多いので、成り立ちも確認しよう。

答え

ウ 一朝一夕

ゼミ長メッセージ

進学・進級おめでとうございます。

「学校って行かなきゃいけないの?」ってよく聞かれるんだけど、「学校に行くことは、義務ではない」ってことは覚えておいてくださいね。

その代わり「学びの場が、いつでも開かれている」と思ってください。

みんなには、学ぶ権利があるんだ。

「行かなくちゃいけないから、行くんだ」って思っていると、楽しくなくなっちゃうよね。

毎朝、自分に聞いてみるといいよ。「今日、学校に行きたいか・行きたくないか?」ってね。

その答えに従う人生は、有意義で充実したものになるよ。

投稿者プロフィール

affetti
学習塾アフェッティ塾長が主に書いているブログ。
愛媛新聞(スマイルピント)ピントゼミナールゼミ長・愛媛大学愛媛学ゲスト講師・松山市自殺対策推進委員会委員・第1回松山市人間力大賞受賞・第32回【青年版国民栄誉賞】人間力大賞(特別会頭賞受賞)
<<メディア実績>>
U29出演・おはよう四国・greenz・愛媛新聞・朝日新聞・南海放送・他多数
<<講演実績>>
愛媛大学・愛媛県教育研究協議会・市内小学校・四国若者1000人会議・まつやま経営プラザ・他多数