こんにちは。学習塾affettiのとある講師です!

僕は禅宗の只管打座の考えが大好きです。己の悟りを己で見つけ、昇華していく。
同僚が言っていたアメリカが滅亡するという説に僕は、以前と違った観点からヒントを得ました。

 民主主義の一番大事なことは「所得の再分配」です。これだけがきっちりできていれば民主主義は、上手くいくんです。
以下、動画は最低最悪の近未来を描いています。僕はこの動画にアメリカ滅亡のヒントがあると思いました。日本もいづれこうなるかもしれません。

 禅の教義の中に、私たちは心のどこかで、望むものが手に入れば今より幸せになれると考えています。
理想通りのものが得られれば豊かな人生を送ることができるという思考に陥っています。
何かを得ることで幸せが手に入るのではありません。何かを足していくことで豊かさが得られるものではありません。
足していくという考えには、足りていないものがあるという前提があります。

「自分には足りていないものがある不完全な存在だ」、と。
だから足りないものを足して完璧になろうという思いがあるように感じます。
どれだけ足しても自分の中の足りないものはなくなりません。

 世の中に完璧なものなどないのです。何かを得たという満足感は一時的な高揚感で終わってしまいます。
常に足りないものを探し続けるようになってしまいます。足りないものを求めて続けていては、いつまでも満た足されぬ思いを抱え続けます。

 本来、私たちに足りないものなどないのです。
足りないと感じ、不要なものを足していただけにすぎません。
心からの「足りている」という充足感は、手放してこそ得られる感覚なのではないでしょうか?
 だからこそ、たまたま運よく富を掴んだ1パーセントの者は、全額手放し、たまたま恵まれなかった99%の人々に還元しないとカッコ悪いと思うのです。
そして、新中学1年生、新高一年生には、受験に向けて明確な目標を持つと共に、あれもこれもと勉強するのではなく、必要であるが必要過ぎる物は捨てて、affettiで皆さんのゴール(志望校)を最短で目指しませんか?

https://www.youtube.com/watch?v=NEybPsJycgM

投稿者プロフィール

affetti
学習塾アフェッティ塾長が主に書いているブログ。
ピントゼミナールゼミ長を務める。
<<メディア実績>>
U29出演・おはよう四国・greenz・愛媛新聞・朝日新聞・南海放送・他多数
<<講演実績>>
愛媛大学・愛媛県教育研究協議会・市内小学校・四国若者1000人会議・まつやま経営プラザ・他多数