第45回ピントゼミナール「愛媛県立入試問題解説」

こんばんは、塾長の孕石です。

本日のテーマは、「漢字のいろいろな表し方」だよ!

それはもう連載当初から温めていたネタです。

声を大にして言いたい。

「正しい字」と「綺麗・丁寧な字」は違います!!

ということで、レッツスタート!

基本を学ぼう

【問題】

正しい漢字を全て選んで、◯で囲もう!

【答え】

全て正解!(文化庁の「常用漢字表の字体・字形に関する指針」参照)

【解き方】

漢字には、一つだけの正しい形があるわけではないんだ!

チェック 

(2)木 手書きの楷書では、はねる方が自然という考えもあるみたいだよ!

 

 

重要 

「干・于」や「干・千」、「天・夭」のように、「はね」や「はらい」によって別の漢字になる場合は、間違いになるから気をつけよう!

 

覚えて 

(1)令(3)絆

漢字には、「手書き文字」と「印刷文字」による表し方の違いがあるよ。「印刷文字」は、より読みやすくために形を変化させてきたんだ!もちろん「印刷文字」を書いても正解だよ。

 問題にチャレンジ

次の(1)〜(2)の問いに答えなさい。

(1)行書で書かれた次のア〜エの漢字のうち、楷書でかいた場合の総画数が「象」の総画数より多いものをすべて選び、その記号を書け。

(2)行書で書かれた次のア〜エの漢字のうち、「練」と同じ部首を持つものを一つ選び、その記号を書け。

(2012・2014年度愛媛県立入試問題改)

解き方と答え

行書は、漢字の書体の一つ。楷書は一画ずつしっかり書くのに対し、行書はいくらか続け書きをしているのが特徴だよ!
(1)の漢字を楷書で書いてみよう!

(2)の漢字を楷書で書いてみよう!

おぼえて 部首ってなに?

漢字を分類するために使われる漢字の一部分を部首というよ!漢字には必ず一つの部首があるんだ!

 

チェック 楷書を崩したのが、行書?

「楷書を崩すと行書になる」ことは多くの漢字に当てはまるけど、歴史的に見ると行書の方が先に完成されているんだ。

問題文に「すべて」とあるので、1つではない可能性も考えておこう! 

重要

漢字の左側にあって、その字の大まかな意味をあらわす部分を「へん」というよ!部首の過半数は「へん」なんだ!

答え

(1)ア・ウ (2)エ

ゼミ長メッセージ

「漢字の採点が厳しすぎる!」ってよく言われるんだけど、採点者が「丁寧に漢字を書くこと」と「正しく漢字を書くこと」を一緒にしてしまっているかもしれないね。

もちろん、漢字はコミュニケーションの手段なので、相手にとって読みやすい字で書く方がいいよ。

でも漢字の骨組みを読み取ることができれば、正しい漢字として扱うべきというのが漢字のルールなんだ。

学校では、みんなが混乱しないように一つの形の漢字を教えているけれど、教わった以外の形もあることを知っておいてね。

投稿者プロフィール

affetti
学習塾アフェッティ塾長が主に書いているブログ。
愛媛新聞(スマイルピント)ピントゼミナールゼミ長・愛媛大学愛媛学ゲスト講師・松山市自殺対策推進委員会委員・第1回松山市人間力大賞受賞・第32回【青年版国民栄誉賞】人間力大賞(特別会頭賞受賞)
<<メディア実績>>
U29出演・おはよう四国・greenz・愛媛新聞・朝日新聞・南海放送・他多数
<<講演実績>>
愛媛大学・愛媛県教育研究協議会・市内小学校・四国若者1000人会議・まつやま経営プラザ・他多数