母は強しというけれど・・・

学習塾の、いや家庭の財布を握っているのは母親だ。

塾経営を始める前、僕に経営のイロハを教えてくれた人はそう言った。

今でも、その言葉は間違っていないと思う。

多くの先輩方の話を聞いても、塾に来られるのも母親がほとんどだ。

でも最近、嬉しいことにお父さんが塾まで出向いてくださることが増えて来たように感じる。

送り迎えに来てくれるお父さん。

初めの面談に来てくれるお父さん。

息子の様子を聞かせてくれというお父さん。

父の背中

そういえば、僕の父もたまに塾まで迎えに来てくれた。

父にしか、話せないことをポツリポツリと語っていたことを思い出す。

中3の冬、あまりにも国語の文法ができなくて泣いて塾を出て来たことがある。

あえて何も聞かない父に、安心した。

母からの「どうしたの?」の問い詰めがしんどいときに、こうした父の背中はありがたかった。

お父さん、ありがとうございます。

アフェッティにお父さんが来てくれることは、とても嬉しいです。

仕事でお疲れの中、本当にお疲れ様でございます。

ありがとうございます。

と思いながら。

まだまだ慣れず、緊張しています。

もっともっとお父さんに来てもらえるように、FBの広告の枠に男性も加えてみた。

驚いたことに、問い合わせの6割が父親だった。

目から鱗とは、このことだなと。

松山にも素敵なお父さんが増えている。

子どもたちの教育に、子どもたちの人生に関心を持っている父親が多くいることを

嬉しく思う。

お父さんも関わるきっかけが作れるアフェッティにしていこうと、考えを改める。

無料春期講習はこちらから

affetti.co/contact/spring2017

 

投稿者プロフィール

affetti
学習塾アフェッティ塾長が主に書いているブログ。
愛媛新聞(スマイルピント)ピントゼミナールゼミ長・松山市自殺対策推進委員会委員
<<メディア実績>>
U29出演・おはよう四国・greenz・愛媛新聞・朝日新聞・南海放送・他多数
<<講演実績>>
愛媛大学・愛媛県教育研究協議会・市内小学校・四国若者1000人会議・まつやま経営プラザ・他多数