丁寧に生きる

休みの日は、出汁を取ることにしました。

姉の義母から結婚祝いに一冊本をいただいた、

「あなたのためにーいのちを支えるスープ」

を読んで、やらねばって思いまして、、、。

ただの料理本じゃない、、

how toじゃない、whyが書かれた料理本。

これはもう、哲学でした。

丁寧に生きる。

食洗機やルンバは賛成だけど、時間が許す限り出汁の効率化はしてはならんのだなぁと。

学習塾業界で言うと、、

多少、無理やり感はありますが、

映像授業は賛成だけど、時間許す限り「対話」をしたい。

つまり、

「効率化したいところ」と、「効率化すべきではないところ」の見極めを私たちは、

丁寧におこなっていく必要があると感じています。

五年前の目標

私の5年前の目標は、「生き抜く」でした。

ただひたすらに「生き抜く」ためには、どうしたら良いか考えていました。

もちろん今でも、「生き抜く」ことに変わりはありません。

そこに丁寧さを、見出せたら、、

また違う景色が見れるのではないかと思い、本日も生き抜こうと思うのです。

投稿者プロフィール

affetti
学習塾アフェッティ塾長が主に書いているブログ。
ピントゼミナールゼミ長を務める。
<<メディア実績>>
U29出演・おはよう四国・greenz・愛媛新聞・朝日新聞・南海放送・他多数
<<講演実績>>
愛媛大学・愛媛県教育研究協議会・市内小学校・四国若者1000人会議・まつやま経営プラザ・他多数