松山市における自殺死亡のニュース

今年の3月、愛媛を代表するアイドルグループの一つである《愛の葉Girls》の大本さんが自ら命を絶った。

そして、母親のやりきれない想いが先日、週刊文春オンラインにて公開された。

http://bunshun.jp/articles/-/7433

私としても、やるせない気持ちになる内容だった。

1つ目は、運営会社で友人が働いていたことがあり、

どれだけブラック企業かを熱弁してくれたことがあったこと。

そのとき、労基に一緒に相談に行っていれば、

少し違った未来があったかもしれない。

2つ目は、アフェッティが選択肢の一つとしてなかったこと。

不登校でも、長期欠席でも、中学・高校に行っていなくても、大丈夫!

そんなメッセージを送り続けている当塾としては、

悩みの一つが学業との板挟みだったというのは、辛い。

今までのことは無駄ではない。

高校卒業程度認定試験を合格して、次のキャリアを歩んでもいいじゃないか!

あなたが思っていることは、正しいよ!

そう言ってあげたかった。

心からご冥福をお祈りいたします。

記事が一方向の内容なので全てを鵜呑みにはできないのを踏まえた上で、

労働環境とか会社とか現代版奴隷制度とかっていうフィクションが人を殺したわけではない。

「人」が、10代の少女に死を選ばせたということを忘れてはならない。

心より、ご冥福をお祈りします。

そしてこのようなことがなくなるように、夏には始動できるようにします。

平成29年のまとめ

これより先は、具体的な内容もあるため気分を害される可能性のある方は控えてください。

基本的に10代20代目線でまとめます。

◆松山市の合計自殺者数は、平成28年で減少の兆しが見えたところで例年並みに戻った。

平成27年 平成28年 平成29年
自殺者(人) 110 100 108

◆年代別で見ると、20代の自殺者が倍増した。平成29年における17人の内訳は、男性11名・女性6名である。

平成27年 平成28年 平成29年
20代の自殺者(人) 17

◆自殺を選んだ方の職業は、無職(学生5名や主婦を含む)68名・被雇用・勤め人34名である。

◆自殺の主な原因は、健康問題→家庭問題→経済・生活問題の順である。

◆自殺手段は、首吊りが半数以上を占める。また自宅のケースが多い。

◆自殺する曜日は、日曜と月曜が多い。時間帯は、0時〜2時に多い。

◆過去に自殺未遂がない方が、70名/108名である。(自殺未遂者は女性に多い)

松山市でしていること

◆小中学校には、子どもの心の健康づくりのためにパンフレットを配布している。

(中学生には「私のしあわせ手帳」「リスにんシール」を配布)

◆高校生に対しては、講演をNPO法人こころ塾さんが行なっている。

◆愛媛大学・松山大学の学祭でブースを作り、啓発グッズの配布等や展示を行なっている。

◆ゲートキーパー育成研修を行なっている。(一般市民でもOK)

相談機関の紹介や研修情報はこちらから!

https://www.city.matsuyama.ehime.jp/kurashi/iryo/hokenyobo/kokoro/seisinhoken.html

孕石の提案

今回は、どうしても大本さんの事例が頭から離れなかった。

高校生に対する《命に関する講演》を公立高校しか開催していなかったので、

様々なバックグラウンド(不登校やいじめ)を抱える子が多く在籍する通信制の高校へ講演や研修に行かれてはどうですか?

と提案した。

今まで前例がなかったようで、「これから行ってみるね!」と「こころ塾」の代表の方が言ってくれた。

※代表はどうやら祖父母と同郷らしい。5年前くらいにそんな話をしたなー。

通信制に通う多くの子どもたちに

先生や保護者の方以外にも寄り添ってくれる大人の方が、世の中にはこんなにもいるんだよ!

って伝えてあげてください!

14台で年間約5千件

これは松山市の救急車の台数と出動回数の数字です。

そのうち6割の方は、軽症だそうです。

緊急度が高くない人が救急車を呼ぶおかげで、救える命も救えない。

ということで、みなさん「Q助」をインストールしましょう!

http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/filedList9_6/kyukyu_app.html

当事者意識をもつこと

面接のときに聞かれたことがあります。

松山市では毎年約100名の方が自殺しています。その現状に関してどう思いますか?

私は、「正直に言うと今まで自然の摂理の側面もあると思っていました。

でも色々と調べていく中で、そんな上辺の摂理で片付けていいことではないし、

減らせる可能性は十分にあると思います。」

みたいなことを言った。

自然淘汰なんて《数字》を前にしてしか言えない言葉だ。

新しい可能性をみんなで模索していきましょう。

投稿者プロフィール

affetti
学習塾アフェッティ塾長が主に書いているブログ。
愛媛新聞(スマイルピント)ピントゼミナールゼミ長・愛媛大学愛媛学ゲスト講師・松山市自殺対策推進委員会委員・第1回松山市人間力大賞受賞・第32回【青年版国民栄誉賞】人間力大賞(特別会頭賞受賞)
<<メディア実績>>
U29出演・おはよう四国・greenz・愛媛新聞・朝日新聞・南海放送・他多数
<<講演実績>>
愛媛大学・愛媛県教育研究協議会・市内小学校・四国若者1000人会議・まつやま経営プラザ・他多数