%e8%81%b7%e6%a5%ad%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc

 

身近な職業をインタビューしよう。

「塾長!インタビューさせてください。」

中学一年生の塾生が、僕を選んでくださいました。

勝山中学校、いい宿題出しますね!

具体的にどんな仕事なのですか?

「これからみんなが100歳まで生きる上で、どのような生き方がしたら良いかの方向性を教えながら、一緒に考えながら今の自分に必要なこと(勉強)をサポートしています。」

最初っから、ハイレベルな質問がきました。

なぜこの職業に就いたのですか?

「正確に言うと、就いてないです。なぜなら今までにない仕事を作ったからです。」

屁理屈ですね。

そして続きを言う前に、次の質問に行かれました。ショック!!

この仕事に必要な資格や免許はなんですか?

「何もないです。」

なんなの。この僕に語らせてくれない質問は?!

この職業には、どんな人が向いていますか?

「第一に精神的に自立している人です。つまり自分の価値を自分でわかる人ということです。」

ほんと自立してないと無理なんですよね。

会社に雇用されてぬくぬく過ごそう的な人には、向いてない職場。

学生が二人ほど、どうしても働きたいというので「いいよー」って言ったら二人とも2回ほどで来なくなりました。

(元気ですかー?)

シビアな現場ですからね。

最低ラインが自分の未来を語れる人。そして今の自分のベクトルが思い描く先を向いていること。

そうでないと、鍛えられたうちの塾生とは話になりませんから。

そんな感じでたくさん質問されました。

インタビュー宿題もっと出せばいいのに。うちでも希望者は、ガンガンインタビューの機会作ってます。様々な分野の起業家、研究者、NPO活動の代表者などなど。友達が塾に遊びに来るついでにインタビューしてもらうのが習慣化してます。

「人生が変わるきっかけ」を「自分の人生だと気づく瞬間」を「自分の人生にしていく習慣」を、提供していきたい。

そう思うのです。

投稿者プロフィール

affetti
学習塾アフェッティ塾長が主に書いているブログ。
愛媛新聞(スマイルピント)ピントゼミナールゼミ長・松山市自殺対策推進委員会委員
<<メディア実績>>
U29出演・おはよう四国・greenz・愛媛新聞・朝日新聞・南海放送・他多数
<<講演実績>>
愛媛大学・愛媛県教育研究協議会・市内小学校・四国若者1000人会議・まつやま経営プラザ・他多数